【キングダムハーツ3】プレイ日記13 キーブレード墓場 後編 

キングダムハーツ3 プレイ日記13

前回はこちら

キングダムハーツ3 プレイ日記12 前回はこちら 古のキーブレード使い達の力を借りてハートレスの...

次はカイリとリアの加勢へ。

敵は一人はサイクスともう一人の黒コートは・・・?キングダムチェーンにこの背丈っていうのはどう考えても・・・。

サイクス&???戦。

バーサーク状態のサイクスがやたら痛くて間違いなく今まで一番強い。というか無敵時間長すぎて攻撃が入るタイミング自体が少ない。

途中でゼムナスが乱入。

リアのキーブレードが砕かれてしまう。素手で止められちゃうとかちょっと修業の時間足りなかったんじゃないか・・・。元々の武器のチャクラムはもう出せないのかな。

やはり謎の人物の正体はシオン。

これシオンも消滅する前の時間から連れて来たってことか?それならここにシオンがいること自体はわかる。

けどそうするとソラの心の中にいる3つの心がロクサス、ヴェン、あと一人がシオンかと思ってたけど違うのかな・・・?

そしてリアとシオンのピンチに復活するロクサス。しかしこのタイミングで復活してくるとかロクサスの心も軽く時間飛んでそう。

こちらもトワイライトタウンの親友3人組が揃った。しかしリアはかなりあっさりシオンを思い出したなぁ。やっぱりどこかに繋がりが出来ればそこから記憶は復活するのかな。

ロクサスとシオンが仲間になった代わりに今度はカイリが攫われてしまう。何かもうピーチ姫状態だなカイリ・・・。修業の成果はあんまり見せられなかったな。

人間に戻ればまた会えるからそれほど悲壮感はない。

トワイライトタウン組にアイザも加わりそうですねこれは。

しかし二人が助けたかった被検体の少女はまだ影も形も無し・・・。次作に持ち越しか。

ヴェン達に続いてこちらも再会の抱擁。すごい復活ラッシュだ・・・。ここでテラ、ロクサス、シオンが一気に戻って来た。

しかし改めて見るとアクセルだけぶっちぎりでデカいな・・・。

これって結局ⅩⅢ機関を倒したところでそのせいで鍵が揃ってしまう奴じゃ・・・。

次のバトルはソラ・リク・ミッキーvsゼアノートズ。最早残っている4人全員ゼアノートっていう。

アンセムの最期。去り際は何か良い感じで消えていったな・・・。リクの心と触れた時点でアンセムはゼアノートとはかなり違った存在になってた感じがする。1で倒された時点でアンセム的にはもうほとんどやりきってたのかもしれない。








こっちも何かイイ感じの雰囲気で消えていくゼムナス。正直ゼムナスは割と好き放題してた感じだし唐突な感じが・・・。

ゼムナスもロクサスみたいに本体とは別の心が芽生えたってことなんだろうか・・・。

一方でやたら不穏なセリフを残して消えていく若ゼアノート。元の時代に戻るということはハゲゼアノートもここまでの顛末は知っていたってことなんだろうか。

しかしソラが消えるフラグは一体どういう意味なんだ・・・。代償って何の代償なのかさっぱり。やっぱりキーブレードであっちこっちゲート開きまくった代償か?

若ゼアノート達が消えたことによってこれで鍵が12本。最後の一本の為にカイリを犠牲にするゼアノート。ガラスになって粉々に砕け散るカイリ。

えぇ・・・最後の最後のでこう来る・・・?いくら何でも本当に死なないよね・・・?

遂に完成する真のχブレード。

相変わらず持ちにくそうな武器である。

ゼアノートによってキングダムハーツが闇に染まり、世界が闇に包まれて行く。絶望して膝を突くソラだがそれを励ますドナルドとグーフィー。

やっぱり最後を決めるのはいつのも三人でないとな。三人で一人前だからね!

他の仲間達も全員集合。他のみんなでキングダムハーツの闇を抑えている間にソラ達がゼアノートをここ以外の場所と時間へ転移させ、決着を付けることに。

ゼアノートへ挑むソラへ「カイリは大丈夫」と伝えるシオン。

肉体が砕けただけで心はまだどこかに残っているってことだろうか。もしかしたら終わりの世界にいるのかも?

ゼアノートと共に他の時空へ消えていくソラ達。

残すはゼアノートとの最終決戦のみ。

ではまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする